記憶装置の大容量化

軽食

オールフラッシュは、フラッシュメモリを用いた記憶装置を複数台統合して運用するというもので、そのための装置などを指す言葉です。仕組みとしては、複数フラッシュメモリを接続し、これを1つの記憶装置として機能させるものです。同様の装置としてはハードディスクなどで行われているディスクアレイがあり、オールフラッシュと同じく複数のハードディスクを接続して1台の記憶装置として機能させるものです。これらの装置は、大容量のデータを処理するさいに威力を発揮するもので、それまでのメモリやハードディスクの容量の限界を超える記憶装置として運用できるメリットがあります。また外部装置にすることで処理機能を外部CPUが行うので、本体への負担が少ないメリットがあります。

オールフラッシュを使う理由としては、第一に大容量の記憶装置を手に入れるということです。一方でオールフラッシュに求められるのは大容量化だけではなく、読み書き速度や信頼性の向上が求められます。特に複数の記憶装置を運用する上では、1台のコンピューターが処理するには負担が掛かり過ぎるので、オールフラッシュのような外部記憶装置とすることで、安定してその精嚢を発揮することができます。また近年はオールフラッシュのメリットとしては、ハードディスクを使うディスクアレイよりもデータの読み書き速度に優れているという点ですが、ハードディスクに比べてメモリは高価であり、また容量の限界もあるというデメリットがあり、使用される用途は限定されています。